忍者ブログ

茶楽悦楽

茶道具のオススメや好きなものを中心にレビューします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更好棚のお話

さて、先日「本歌取り」についてお話しました時に、
更好棚について思い出したので、今日はそれについてお話します。

さて「更好棚」を知っている人もいれば、知らない人もいると思いますので、簡単に説明させていただきます。

まず、前提として利休さんの使われた「三重棚」というものがありました。

これは全て桐材で作られた棚で、天板、上中棚、下中棚、地板の4枚で構成され、寸法は奥行幅共に約一寸(約30.3cm)で作られていました。


   これです。

利休好という記載のものも多いですが、好んだというより、寸法を指示して作られたようなので、ここは「利休形」というべきですね。

さて、その三重棚を本歌として、新しい棚を好んだのが、裏千家11世の玄々斎精中さんです。

玄々斎は裏千家の血筋ではなく、三河奥殿藩の藩主、松平乗友の子として生まれました後、わずか10歳で、当時裏千家の家元10世認得斎の娘と結婚して婿入りし、裏千家を継ぐことになったのです。

ちなみに玄々斎のお兄さんは、尾張徳川家の家老となった渡辺又日庵さんです。

家老の弟が家元っていうのはなかなかレアなケースだったようで、これまでの尾張徳川家の茶道流儀は代々有楽流だったのに、この時だけ裏千家になるというレアケースが起きています。


失礼、話がそれました。

その玄々斎さん(当時は虚白斎)は利休形の三重棚を見て、考えたのでしょう。
さっき皆さんが感じたのと同じ感想だったのだと思います。

私はこう思いました。




高過ぎません?


座って点前するのに、三重棚は高すぎませんか。


多分、私と同じことを思った玄々斎(しつこいようですが、当時は虚白斎)さんは、天板の一番上を切り取るという荒業にでました。

そして、出来上がったのが、桐材の二重棚です。
この時は「虚白斎好 二重棚」となっています。


さて、玄々斎さんは幕末から明治と激動の時代の家元さんです。

幕府の力がなくなり、禁裏の発言力が強くなっている時期でした。

玄々斎は大名の庇護のなくなった茶道の隆盛を目指し、禁裏や明治幕府への接近を目指しました。

立礼棚の開発は、その後の茶道の隆盛の契機になった素晴らしい物でしたね。

さて、当時はただの桐木地の二重棚でしたが、これを禁裏に献上するにあたって、その二重棚を桐木地から黒柿合爪紅に改めました。



一度自らの好みとした棚をさらに変化させて好んだことから、「更」に「好」んだ棚として、「更好棚」の名が付きました。

これによって茶席に飾り置く棚として、更好棚は高い評価を受けます。

ちなみに私は裏千家15世鵬雲斎の好んだ「黒柿合爪黒 更好棚」も好きですね。

黒柿合塗に仕上げていながらも、柱は木目を潰して上品さを生み出すところが、渋いなーと思います。

さすがカリスマ大宗匠です。

もうすぐ卒寿だそうですね。


それでは今回はこの辺で。
さようなら。



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
ゆげ丸
性別:
男性

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

コガネモチ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 茶楽悦楽 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]