忍者ブログ

茶楽悦楽

茶道具のオススメや好きなものを中心にレビューします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すごくオススメの本です!




いきなりですが、今日は一冊の本を紹介させていただきます。


樫崎櫻舟著  『茶を楽しむ男たち』 
この本は昨日読み終えたのですが、読後感がすごかったです。

著者の樫崎櫻舟(かしざきおうしゅう)氏は、東京八王子で利休ゆかりの茶室獨楽庵を管理運営しつつ、懐石料亭「美ささ苑」の経営をしています。

さらに「茶の湯と美を楽しむ会」通称「楽の会」を主催しており、そこで著者を聞き手とした文化サロンを行っていました。
この本はその中でも、特に男性の茶人や茶にゆかりのある人物との話を文章化し、一冊の本にまとめたものです。

登場するゲストについて少しだけ紹介しましょう。

池内克哉氏
   東京近辺のみならず、全国の古美術ファンの中で知らない方はいないのでしょう。
   池内美術の主人で、茶道界の重鎮とも呼ばれるすごい人です。
   
矢部良明氏
   人間国宝美術館館長、薩摩伝承館管長となっており、数多くの著書もある方です。
   我が家にも多くの本があります。

村瀬治兵衛氏
   木地師であり、漆工芸師さんです。この話は三代さんなのですが、治兵衛さんと言えば、
   初代がすごい人です。隠居後に趣味で楽焼を焼いたら、思いの外上手だったので、
   それが縁で千家の箱書が付くようになったという逸話もあります。
   代々なぐりを呼ばれる技法などを駆使し、木目を生かした道具を作る人です。

林家晴三氏
   陶磁研究家としては、日本で一番であろうすごい人です。
   書籍も多いのですが、その守備範囲の広さは驚嘆の一言の方です。
   東京国立博物館の名誉館員にもなっている、とくかくすごい人です。



この他にも、様々な著名人が出ていますので、お楽しみ下さい。

この本は、それぞれのゲストのお茶に対する思いやきっかけ、さらには茶の世界とは何かというようなことなどを、詳しく聞き出しています。それは、聞き役がこの樫崎氏であることが大きいのだと思いますが。


さて、これ以上は話してもしょうがありません。
一度本を開いてみてください。

特にお茶にゆかりのある男性の方は、是非一読してみてください。  
大げさに言うと「人生観変わります」ですね。

私の2013年のベスト本の一つですね!



PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
ゆげ丸
性別:
男性

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

コガネモチ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 茶楽悦楽 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]